So-net無料ブログ作成

アンディ・マレー対ミロシュ・ラオニッチの過去対戦成績

今年のテニス、ウィンブルドンは非常に面白いですね。

絶対王者ジョコビッチが敗れるという大波乱も起こりましたし
先日のフェデラー対チリッチ戦は歴史に残る名勝負のひとつだと思います。

本日行われたウィンブルドン準決勝では
フェデラー対ラオニッチ、マレー対ベルディハの戦いでした。

フェデラーはもし勝てればウィンブルドン8度目の優勝という快挙にまた近づくことになりましたが
先日の疲れもあったでしょうしラオニッチも良かった。
フルセットの末敗れてしまいました。

マレー対ベルディハ戦はベルディハのフォアハンドの精度がとにかく悪かった。
そしてマレーはそういう弱点を見逃さない。
いろいろ織り交ぜながらフォアハンドへ持って行き
ベルディハのアンフォーストエラーを量産していました。


結果的にウィンブルドン決勝はアンディマレー対ミロシュラオニッチの対決に。
この二人の過去の対戦成績を見ると

通算対戦回数 11戦

うち、アンディ・マレーが7勝
  ミロシュ・ラオニッチ4勝

と勝率67%でアンディ・マレーが勝ち越しています。

特にここ5試合はアンディ・マレーが制しており
1年以上ラオニッチはマレーに勝てていないことになります。

11戦も行っていますがグラスコート(芝)での対戦は今回でまだ2度目。
先月行われたAEGON選手権での決勝戦が初めてのグラスコートでした。

この時は6-7、6-4、6-3でアンディマレーがミロシュ・ラオニッチを下し優勝を果たしました。

負け越しているとは言ってもラオニッチとしては先月のリベンジマッチでもありますし
何よりグランドスラム初制覇のチャンス

全力で向かってくることは間違いないです。


しかしそれ以上にイギリス国民の期待を一新に背負っているアンディ・マレー

ウィンブルドン決勝戦、女神はどちらに微笑むのか?


スポンサードリンク

共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 気になることの覚え書き All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。